豊胸手術でダイナマイトボディ~憧れのボディラインを実現~

女医

シリコンを考えてから

水着

入れるものに工夫を凝らす

豊胸手術では入れるものによって効果を実感できるかどうかがはっきりしてきます。副作用の多いといわれているのはシリコンですが、シリコンでも副作用の発生しづらいものも少なくありません。そこで、しっかりとシリコンの状態を確認してから導入することで、よい結果につながります。一般的にはざらざらしているタイプのほうが副作用が出にくいといわれ、導入している人も少なくありません。また、導入する前にどれくらいの大きさを導入するのか、確認しておくことも重要です。一般的に豊胸手術では一度に2カップ程度アップするものを入れたほうが安定しやすいといわれています。胸の形や副作用対策のマッサージを行うことがよい結果につながるのです。

年齢とともに変化する場合

手術後に入れたシリコンなどが経年のために硬くなってしまうということは、意外にも多いといわれています。平均的に10年程度をめどに固くなってしまったバストから入れたシリコンを取り出し、新たに豊胸手術を行う人も少なくありません。医療機関によっては長年再手術を行った経験の豊富な医師も少なくありませんので、事前に確認してからカウンセリングを受けてください。医療機関ごとにそれぞれ得意分野があるのは美容整形の世界でも同様です。そのため、豊胸手術が得意な医療機関というだけではなく、再手術が得意な医療機関を探すことがよい結果を生み出します。治療を受けられる地域を確認し、多少遠隔地でも信頼できる医師ならば受けたほうが安心です。