豊胸手術でダイナマイトボディ~憧れのボディラインを実現~

女医

シリコンバッグの挿入

女の人

進化するシリコンバッグ

豊かなバストになることを希望して、美容整形外科で豊胸手術を受ける女性は、多くいます。豊胸手術には複数の方法があるのですが、特に高い人気があるのが、シリコンバッグを挿入するというものです。これは具体的には、バストを切開してシリコンバッグを入れ、そこにシリコンジェルを注入するという方法でおこなわれています。シリコンバッグは最初は縮んでいる状態なので、バストを小さく切開するだけで挿入できます。つまり豊胸手術の跡が、残りにくいということです。そしてシリコンジェルを入れることで膨らむのですが、多く注入すればするほど、高いバストアップ効果が出てきます。体への負担が少ない上に、一気に二回りほどバストを大きくすることができるため、手軽さと効果の高さから、人気の一層の高まりが予想されています。

安全性の高いジェル

一昔前は、シリコンジェルが直接バストに注入されることもありました。しかし体への害が懸念されたため、シリコンバッグを挿入してからシリコンジェルを注入するという豊胸手術に変化していったのです。とはいえ、シリコンバッグは薄いので、破れて中のシリコンジェルが漏れてくる可能性もあります。そのため現在では、シリコンジェル自体が非常に安全性の高いものに改良されています。漏れてきたとしても体への害はなく、体液として体に吸収され、数日後には尿となって体外へと排出されるのです。バスト内に残ったシリコンバッグは、もちろん取り出すことが可能です。また、取り出すだけでなく新しいシリコンバッグを入れることもできます。要は、破れたシリコンバッグを新品のものと交換するのです。破れていなくても、形や大きさを変えたい時などには、交換することができます。